Be a SNS

一ユーザーとしての自分を暫時切り離し俯瞰してみるとよくわかる。
既存メディア〜新規メディア間の乖離が日々進行していることが。
情報の重量や速度が変わっていくことによる世代間交流の困難さ、その自覚が各世代毎にあるのかが気がかりなもんだ。
嗚呼、そんな話書き留めるんじゃないんだった。

SNSにて、辟易する程俗に呑まれた主張をよく目にする。
アーティストやクリエイターと鼻につく肩書きに飾られた面々が、
形而上学的な希望成就論を連投連投、オレハビッグニナリマス。と。
表層これみよがしに食いつく俗世に塗れた若人たち。汚れゴトの上に成り立つ綺麗ゴト。

’イイネ’とボタンが押せれば共感気取り、誰もがボタンひとつでしたり顔。
情報と思考が手のひらで何処でもいつでも便利に出し引き。その顛末これ如何に。

あなたの戦場はどこですか、つべこべ言わず黙って生もうよ。
濾過しきれない異物をキャンパスに吐き出しゃいいよ。

語ったらおしまい。説明したらおしまい。

表層で何かを変えられる程真実は甘くない、不条理は温くない。
beyond descriptionなんです。

とうだうだネットに書いてるあたり、これらは自分に向けて言ってるんだろう

2011-11-10 04:02:46