戯言

世の中にとってなんでもないことを考えることが僕にとっての生きることである。

どう生きるかよりももはや如何に死を捉えるかなのか。