風に吹かれりゃ飛んでいく

これが正しい
いやそれは間違ってる
ちょっと待て、それはおかしいだろう
いいや、それは正しく無い、これが本質だ
お前の考えは偏ってる
じゃあお前は何なんだ、常に正しいのか

正しさを求めた口論は喧嘩に発展し一人が死んだ
残ったものは正しさとは何かを知った
人それぞれだと

(つい熱くなり
片方が衝動的に肩を小突いた
その弾みでガラスのテーブルに眼窩を強打した男が激昂し
グラスで後頭部に振りかぶるとぐにゃりと刺さり
一人が死んだ
嗚呼、倶利伽羅峠)