濡れ衣の
晴れぬ思いに
似た恋が
焦がす香りを
重ねゆくかな