幾度とも
過ぎて倒れし
道すがら
時を経てして
家になるかな