明日地球が終わるとしたら
何をしますか
そう問われて答えたことを
今日も明日も来週も来月も
今年もできなかったような生き方が貯める金額に
いったいどれほどの価値があるのかと
明確なもののない宛先に振り込み続ける偉人の書かれただけの紙に
自分がくそみたいな物差しを持つ前に価値のあったものを買えるだけの力があるのかと

明日地球が終わるかもしれない確立と
明日自分が事故に遭って死ぬかもしれない確立とを
両天秤にかけてさじ加減を弁論するような生き方に
いったいどれほどの価値があるのかと

目の前に見えてるものがが何かすらもう見えなくなってるような生き方に
ジャックケルアックと沢木耕太郎を知って満足してるような生き方に
ドイツの歴史を学ぶことをおすすめします
と言うと思うかばかやろう

今日の空はどんな色をしていたか思い出せるかどうか
そんな生き方に