欲ニモ負ケズ

流れ星より流れ星を見上げる横顔が綺麗なことを知っている男
注ぐ熱燗よりも沸き立つ思いの方が熱いことを知っている女
飼い主よりも近所の金物屋の店主の方が餌をくれることを知っている犬
その報酬よりも殺し自体が目的になっている殺し屋
愛情よりも契約の価値が上回ってしまった彼女
生き方よりもスキルばかりがついてしまったダンディズム
抱くことではなく摩擦が目的地になった流線形
見渡せば都市は危険だらけ
だが命を飛ばすほどではない
だから人は死ななきゃわからない
ほら吹き扱いだった飛行機はライト兄弟が実現し
絵空事だったロケットは人類を宇宙へ誘い
SFだった携帯電話は日常に代わり
あらゆることを手にできた人間なのに
どうしてか寿命だけは知らずに生きていく
だから人は死ななきゃわからない
流れ星より流れ星を見上げる横顔より、流れ星を見ようと言ったことの美しさを知っている男
注ぐ熱燗よりも沸き立つ思いよりも、酔うことの覚悟を決めたことの愛しさを知っている女
そういうものに、わたしはなりたい