オシャレポエム

泣き言のような文言や
ファッション誌の目次に似た言葉が詩と呼ばれるなら
もう職業詩人はいらないんじゃないか
詩を仕事にする為に詩のようなものを書くようになるなら
詩人でいなくていいんじゃないか
甘ったるい、それでいて蝶ネクタイのような言葉を連ねて詩人と叫ぶより
その履歴書のような詩集を持ってマガジンハウスの面接に行った方がいいんじゃないか
詩が現代に必要か否かの前に
これまで詩が何を紡いできたのか深く息をとめて、もぐれ!